遠征orリゾート

与那国島ツアー

海況 2/14(土)~16日(月) ポイント 与那国島  天候suncloud 気温 24℃ 水温24℃  透明度25~m

今年の冬は南国ではなく与那国に行って来ました。

沖縄もこの時期は寒く、北風が強く吹いている事が多いですが、ちょうど南風が吹いて暖かい日になりました。

気温24度で夏の服装で過ごす事が出来るのですが、今回の狙いの一つであった海底遺跡が北風でない為、行く事が出来ませんでした。

しかし海は比較的穏やかなので、西崎から夏場に楽しむような島の北側のポイントを潜って来ました。


150214gurukun 150215yonagunitour 150214hanahige

初日 1、馬鼻崎 2、ダンヌドロップ

1本目をエントリーすると、下にウミガメがのんびり泳いでいます。
逃げる様子もなく、のんびりとしていました。

ゆっくりと平地からドロップオフ沿いに進むと、ナポレオンがいたり、ハナヒゲウツボなどが見れました。


150214hebi 150214nemati 150214kame

ダンヌドロップではドロップオフ沿いに、ウメイロモドキグルクンが沢山群れていて、イソマクグロなども回遊しています。

遠目にバショウカジキがいました。

2日目 1、西崎 2、馬鼻Wアーチ 3、ダンヌ沖

1本目は、ハンマー狙いで入りましたが、イソマグロロウニンアジなどが数回通って行き、ハンマーは浅場に戻る途中で、深めの所に出て来ていました。

150215paumiusi 150215hanadai 150215umiusi


2本目は雰囲気を変えて地形ポイントへ

潜降した水底には、アカネハナゴイキンギョハナダイが沢山群れていて、ナンヨウハギも数匹目立っています。

洞窟の出入り口にパイナップルウミウシがいたり、ソフトコーラルにクダゴンベがついています。

両目に寄生虫がついているホシゴンベがいたりしました。


150215cave 150215kudagon 150215kiseityuu

最後はダンヌドロップの沖側でハンマー狙いです。

ドロップオフから入り、そのまま沖へ出ていきます。
下も深くほぼずっとブルーウォーターダイビングです。

ここでもイソマグロなどが回遊して来ますが、ひたすらハンマーを狙います。

潜り始めてから中間程で25m~40m辺りの水深でとうとう群れを発見です。

80~100匹ほどの群れで、悠然と現れ泳ぎ去っていきました。

それぞれにハンマーリバーを楽しんだら、少しずつ減圧をはじめ水深を上げていきます。

安全停止を始める時に、もう一度単体のハンマーヘッドシャークがウロウロ泳いで行きました。


150215teguri 150215hhs 150216yds

最後にお目当てのハンマーの群れが当たって、潮流と、ブルーウォーターとドリフトダイブと与那国らしいダイビングを楽しめて最高でした。

またいつか遺跡巡りを狙いに来ましょう。

おつかれさまでした。  ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿嘉島ダイビングツアー 2日目ログ

海況 11/8(土) ポイント 阿嘉島  天候sun 気温 26℃ 水温25.6℃  透明度20~m

阿嘉島ツアー2日目のログです。

北風の沖縄ですが元気に3ダイブしてきました。

ポイント、1、奥武島ポイント2 2、佐久原漁礁 3、阿真ビーチ

141108ishigaki Dsc02724 Img_0179

1本目の奥武島ポイント2は、ケラマハナダイカシワハナダイが見れるポイントです。

ミドリイシガキリュウグウウミウシムラサキウミコチョウなどの、ウミウシ類も数多く見れました。

141108tatehida  141108yosuji 141108hanagoiyg

2本目の佐久原漁礁は、崖沿いにハナゴンベが見れ、ヨスジフエダイがきれいに群れています。

砂地にガーデンイールがちらほらといて、漁礁のブロックが固まって沈められています。

141108sakubarublock 141108akajimauw 141108murasaikotyo

3本目は浅場のエダサンゴの群生と砂地がとてもきれいなポイントで、ケラマ国立公園のポスターになっているエダサンゴがあります。

小っちゃいですがデバスズメダイが沢山住み着いていました。

141108keramakokuritukouen 141108deba  141108madarairo

珊瑚の隙間にはクチナガイシヨウジハダカハオコゼなども見られます。

座間味島のポイントですが、ケラマらしい綺麗さと熱帯魚の多さが魅力の、ラストダイブにふさわしいポイントでした。

141108hadakaha 141108amabeachnite 141108bara

阿嘉島ツアーお疲れ様でした。 ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ Dive ColorS
http://www.divecolors.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿嘉島ツアー 1日目ログ

海況 11/7(金) ポイント 阿嘉島  天候sun 気温 26℃ 水温25.6℃  透明度20~m

今日から阿嘉島ツアーに行って来ました。

参加メンバーと泊港で集合して、フェリーにて阿嘉島へ

特に何もない島と聞いていた通りですが、そこが離島のいい所でもあります。

暫らく那覇にいたので、だいぶ都会に見えました。

141107hihuki 141107akajima 141107aigotati

さて、阿嘉島に到着後は1ボートダイブが待っています。

チェックダイブは安室漁礁からのスタートです。

ゆっくりめに潜降していくと、すぐに広がる一面のサンゴ礁がとても活き活きしています。

141107akakukuri 141107isigaki 141107akebono

グルクンやスズメダイなどの群れが色んな所で見られました。

また一時的にしか見れないヒフキアイゴの群れが観察できました。

産卵行動などの時にしか見れないと言われているので、タイミング良かったです。

141107hiresuzu 141107kinsen 141107hurieri

沖縄の離島らしく透明度のいい海に、取りやすいサイズの生物がとても多くいます。

写真のように、アカククリイシガキカエルウオアケボノチョウチョウウオに,
ヒレナガスズメダイキンセンハゼフリエリイボウミウシなど他にもイオ蝋色と接写を楽しめました。

お疲れさまでした。  ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ  ダイブカラーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬底島ダイビング

海況 11/3(祝月) ポイント 瀬底島  天候cloudsun 気温 26℃ 水温25.5℃  透明度20~m

昨日の夕方から特に北寄りの風がとても強くなってきて、エリアの決定に少し悩みましたが、瀬底島にしました。

北風には強いのですが、台風のうねりも少し影響し浅場が揺れて流れてとおった状況になっていました。

1本目は瀬底島ラビリンスへ、中層に行ってしまえば何の影響も感じませんでしたが、瀬底島のケーブは浅い水深から行けるので、通路付近までは揺られて、キンチャクガニの撮影がしづらい感じでした。

崖沿いにイソバナガニがいたり、グルクンが群れていたりします。

また揺れの少ない浅場に戻り、クマノミの仲間を楽しんだりしてEXしました。

イロブダイの幼魚なんかも観察できました。

2本目はキャメル

砂地にはヤシャハゼヒレナガネジリンボウなどが狙えます。

ガーデンイールなどもピョコピョコ出ていて、根にウルトラマンホヤなどが付いていました。

浅場に戻ると、バブルコーラルシュリンプオランウータンクラブがミズタマサンゴに住みついていたり、エソが捕食中だったりと色々見れました。

大きなマダライロウミウシミゾレウミウシシライトウミウシなどが観察できました。
台風も発生していたり北風だったりで、海況が変わってしまいましたが、ダイビングは問題なく楽しめて良かったです。

沖縄本島編はこの日で無事に終了しました。
ご参加頂きまして誠にありがとうございました。

また楽しいダイビングをしましょう。

お疲れさまでした。

横浜のダイビングショップ  Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青の洞窟へ

海況 11/2(日) ポイント 青の洞窟  天候sun 気温 27℃ 水温25.9℃~26.1℃  透明度20~m

今日もリクエストで青の洞窟です。

連休もありすごい賑わいを見せていました。

風が北寄りに変わり、前日とは変わり、波が少し出始めて黄旗が上がっていました。

まだ水温が26℃あるのでスノーケラーもダイバーも、それぞれに気持ちよく海遊びしている感じです。

相変わらずの浅場の魚の多さを眺めながら、青の洞窟へ向けてゆっくり泳ぎだします。

141102doukutu P1010923 141102tubame

今日もロクセンスズメダイシマスズメダイの大きいのが水面まで泳ぎ回っています。

オヤビッチャは広範囲に卵を産み付けていました。

途中狭いトンネルなどを通ったりしながら、青の洞窟へ

最奥部まで行って水面に浮上です。

そこから徐々に水面が青く変わっていくのを楽しみながら水面の様子を楽しみました。

一番きれいな所で記念写真を撮ったら、潜降し中層のコースを周りEXしました。

途中、グルクマの群れが現れ、特徴的な大口を開けて泳ぎ回っていました。

141102oyabittyaegg 141102gurukuma 141102maedanite

EX後、暫らくしたら赤旗に変わっていましたが、現地では特に変わった様子もなく終始賑わいを見せていました。

今日はこの1ダイブで終了です。

 

お疲れさまでした。  ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ  Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄本島ツアー 3ビーチダイブ

海況 11/1(土) ポイント 真栄田岬・残波岬  天候sun 気温 27℃ 水温25.9℃~26.1℃  透明度20~25m

台風が出来ているものの、穏やかな海況が続いているので、リクエストに応じやすいです。

1本目は真栄田岬のハゼ狙いへ。

EN口からいつも通り魚が色々と群れています。

魚と透明度を確認しながら、そのまま沖の方へ

ハゼエリアを目指し、少しずつ水深を下げながら捜索を始めます。

141101hotatuno 141101yasya 141101hireneji

ヤシャハゼヒレナガネジリンボウが見えたら着底し、水底から寄っていきます。

気の強い固体を探しているうちに、ホタテツノハゼも見えたので、こちらも人気のハゼなのでゆっくり観察を楽しみました。

ダイダイオオメワラスボがあちこちにユラユラ泳いでいます。

ゆっくり減圧しながら、浅場の生物を楽しんで浮上しました。

141101daidaioome 141101maedanite 141101oranutan

2本目はリクエストの青の洞窟

そこそこ人がいますが、まだましなほうでした。

ツバメウオが洞窟の中にまで入ってきたり、水面にロクセンスズメダイの群れがすごく多かったりで楽しめました。

141101aonoana 141101kokuten 141101kikamoyou

3本目は雰囲気を変えて残波岬へ

ENは結構大変ですが、中に入ると地形が楽しめるいいポイントです。

ケーブ内にはハタンポが群れていて、少し狭い通路を抜けると、出口付近にナポレオンが泳いでいました。

浅場に戻る途中にシンデレラウミウシなども楽しめて、入り甲斐のある面白い海でした。

141101sindere 141101napo 141101zannpaana

本日は人気ポイント3ビーチダイブでした。

お疲れ様でした。  ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ  Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄本島ツアー

海況 10/31(金) ポイント 残波岬  天候sun 気温 27℃ 水温25.9℃  透明度20m

今日は南風の穏やかな日で、下見で残波岬の灯台下に入りました。

ENは結構大変ですが、入ってしまうと水中は面白いです。

EN口にシマハギの群れイワシの群れが泳ぎまわっています。
141031zampa 141031miyategu 141031akahati

ケーブの中にはアカマツカサツマグロハタンンポが群れ、抜けた所にモンガラカワハギの子供がいました。

グルクンが群れていたりしますが、地形とマクロの面白いポイントとなっています。

転石帯には、カミソリウオミヤケテグリなどが観察できます。

浅場に戻れば沖縄らしい熱帯魚が種類多く見られるので、安全停止中も楽しめました。

141031kamisori 141031monkawa 141031mure


明日も南風予報のため、この辺を潜りたいと考えています。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積丹半島ツアー 2日目ログ

海況 8/31(日) ポイント 積丹半島  天候sun 気温 30℃ 水温22~23℃  透明度15m

2日目も天気・海況共に良好で積丹ブルーに期待が持てます。

水温も上がって行き、最終的には23℃になりました。

現地では2本の人がほとんどでしたが、コンディションもいいので自分達は予定通り3ダイブ(長谷川の島・キャニオン・バリホール)してきちゃいました。

140831ezomebaru_2  140831ainame 140831nisikikitahitode_2

エントリーしてすぐエゾメバルの群れが視界に入ります。

そして定番のアイナメ。 オス・メス・子供と大中小に色と違いと種類多く見れます。

砂地や壁沿いにはニシキキタヒトデやタコヒトデにニッポンヒトデと北の海らしくウニの多さとヒトデのでかさが際立っています。

140831ryuuguuhaze_2 140831okikazunagi_2  140831murasoi2_2

今日もリュウグウハゼに見とれ、昨日はあまり目にしなかったオキカズナギが多く見れ、浅場に戻ってもオウゴンムラソイに釘づけでした。
 

140831kajika2 140831kurogasiragarei 140831mizukurage

カジカの種類は相変わらず多く違いが分かりづらいです。

クロガシラガレイがいたり、水面から水底付近までミズクラゲがきれいです。

 
140831kadorinaumiusi_2  140831syuku100_2  140831hiramusi_2

最後のバリホールではウミウシが多く見れとの事で、カドリナウミウシヒラムシが見れたりします。

伊豆にも定番のシロウミウシなんかもよくいました。

そして今回の潜り納めでエリコさん祝100DIVE達成となりましたbellbellshine

おめでとうございます。  神奈川県民なのに北海道の海で祝100本は少ないんじゃないかと思いますspa

140831komon_2  140831sakuramino 140831gentisyopnite_2

コモンウミウシがかなり沢山いました。 サクラミノウミウシなんかも見れたりで、北の魚を存分に楽しみつつ、積丹のんびりダイビングを無事に終えました。

寒いイメージですがのんびり潜れて目新しい生物が沢山いる、積丹の海を大満喫させて頂きましたヽ(´▽`)/!

お疲れさまでした。  ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ  Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積丹半島ツアー 初日

海況 8/30(土) ポイント 積丹半島  天候sun 気温 30℃ 水温20.3~21℃  透明度15m

行って来ました。 初北海道ツアーです。

北の海に馴染みのない人でも、水温・透明度のある潜りやすい積丹半島を選択したツアーです。

最初のポイントは前浜

140830maehama 140830murasoi 140830ryuuguuhaze

岩場と砂地の潜りやすいポイントからスタートで、潜降直後からムラソイなど普段は見れない魚達を目にする事が出来ます。

他にも北の海の代表的なキツネメバルリュウグウハゼなど僕たちには新鮮な普通種がわんさかでした。

140830kitunemebaru 140830syakotanmebaru 140830kajika3

砂地でも色んなカジカやサルエビなどが見れたり、浅場に戻ってからも大きなアイナメクロソイ、このポイントのアイドル的な存在のイソギンポなど被写体選びに忙しい海中でした。


140830ebi 140830srauebi 140830kuroheri

透明度もいいので沢山いるミズクラゲがきれいに見えます。

伊豆でも見れるイシダイの幼魚クロヘリアメフラシや多くいるコケギンポなども楽しめました。

140830kurosoi 140830isogimpo 140830kokeginnpo


北の海ツアー 初日お疲れさまでした。  ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ  Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈島ツアー 6日目

海況 7/22(火) ポイント 八丈島(底土・ナズマド)  天候sun 気温 29℃ 水温26.5~27.4℃  透明度20~m

今日は八丈島ダイビングの最終日です。

ここまで共にダイビングを楽しみに来てくれたメンバーの皆様ありがとうございました。

お蔭様で無事に終えることが出来ました。
140722sokodoati 140722kintyaku 140722kame

さて最終日は引き続きとても穏やかな海況となり、全ポイント潜水可能です。

リクエストに合わせて、まずは底土から

キンチャクガニが出始めたので、転石地帯でかなり小さい個体でしたが、見て楽しめました。
140722oukurabu 140722setoiro 140722senteniro

捜索中にはオランウータンクラブなども観察でき、今日もマクロが楽しんでいます。

アーチにはアオウミガメが二匹のんびり過ごしていて、散々楽しんだ八丈カメダイビングも素晴らしい形で大満喫でした。

アーチにはヒレナガカンパチが群れてきて、しばらくグルグル周っていたり、ニザダイが塊になってアーチを通過したりしています。
140722niza 140722kyarameru 140722tatekin

移動中にもツユベラの幼魚ヒレギレイカの子供なんかも楽しむことが出来ました。

ラストはナズマドで締めます

潮が少し動き始め、緩過ぎず・きつ過ぎずでちょうどいいと言える状態です

潮に合わせてキホシスズメダイの成魚から幼魚まで数多く群れていて、トンネル付近にはサザナミヤッコやタテジマキンチャクダイなど熱帯魚らしい種類でニセフウライチョウチョウウオなどさらに色づいてきました

140722koban 140722hiregire 140722kongasuri

八丈島らしいユウゼンやナメモンガラカメなど定番所も楽しめて、イシガキフグにはコバンザメがくっついていたりしました。

振り返ると全ダイビングでウミガメをゆっくり楽しめたり、のんびりとフィッシュウォッチングを満喫できる満足度の高い海中でした

皆様お疲れ様でした   ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ   Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧