« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

八丈島ツアー 6日目

海況 7/22(火) ポイント 八丈島(底土・ナズマド)  天候sun 気温 29℃ 水温26.5~27.4℃  透明度20~m

今日は八丈島ダイビングの最終日です。

ここまで共にダイビングを楽しみに来てくれたメンバーの皆様ありがとうございました。

お蔭様で無事に終えることが出来ました。
140722sokodoati 140722kintyaku 140722kame

さて最終日は引き続きとても穏やかな海況となり、全ポイント潜水可能です。

リクエストに合わせて、まずは底土から

キンチャクガニが出始めたので、転石地帯でかなり小さい個体でしたが、見て楽しめました。
140722oukurabu 140722setoiro 140722senteniro

捜索中にはオランウータンクラブなども観察でき、今日もマクロが楽しんでいます。

アーチにはアオウミガメが二匹のんびり過ごしていて、散々楽しんだ八丈カメダイビングも素晴らしい形で大満喫でした。

アーチにはヒレナガカンパチが群れてきて、しばらくグルグル周っていたり、ニザダイが塊になってアーチを通過したりしています。
140722niza 140722kyarameru 140722tatekin

移動中にもツユベラの幼魚ヒレギレイカの子供なんかも楽しむことが出来ました。

ラストはナズマドで締めます

潮が少し動き始め、緩過ぎず・きつ過ぎずでちょうどいいと言える状態です

潮に合わせてキホシスズメダイの成魚から幼魚まで数多く群れていて、トンネル付近にはサザナミヤッコやタテジマキンチャクダイなど熱帯魚らしい種類でニセフウライチョウチョウウオなどさらに色づいてきました

140722koban 140722hiregire 140722kongasuri

八丈島らしいユウゼンやナメモンガラカメなど定番所も楽しめて、イシガキフグにはコバンザメがくっついていたりしました。

振り返ると全ダイビングでウミガメをゆっくり楽しめたり、のんびりとフィッシュウォッチングを満喫できる満足度の高い海中でした

皆様お疲れ様でした   ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ   Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈島ツアー  5日目

海況 7/21(祝月) ポイント 八丈島(八重根・乙千代が浜 右側)  天候suncloud 気温 30℃ 水温25.9~26.9℃  透明度20~m

今日から山口さん来島でチェックダイブからスタートです。

最初でも最後でも途中でもどのタイミングでもふさわしい感じのポイントになっている八重根でのカメ狙いです

リクエストもカメなので狙いの根を中心に周っていきます。

140721tubame 140721yaenekame 140721yaenekame2

(ツバメウオ・アオウミガメ・カメと記念写真)

休憩中の個体を狙ってゆっくり見れますが、連休中ダイバーが数多くいたので、少し警戒感が出たようにも見えます。

このポイントで一番大きい個体を根頭で楽しんだら、今度は際沿いで甲羅をクリーニングしている個体がいたので、こちらもゆっくり観察してきました。

リクエストもカメだったので、今回のダイビングではほぼカメウォッチングでした。

140721ottyotonneru 140721oyabittyaegg 140721eggeater

(トンネル・オヤビッチャの卵・卵を食べるユウゼン)

2本目は地形希望で乙千代が浜に行ってきました。

少しトンネルの入り口が流れてますが、ハタンポがかたまってぐっちゃり群れています。

オヤビッチャの卵もどんどん成長し、ハッチアウト間近でした。

140721mozaiku 140721murasaki 140721kiiro

(パイナップルウミウシ・ムラサキウミコチョウ・?)

ユウゼンスズメダイなど多くの魚に食べられ続けているので、早くハッチアウトして脱出したいのではないかと見てしまいます。

壁沿いにウミウシが多くいるので、マクロも楽しみながらののんびりダイビングでした。

140721hyupuserodorisuzefira 140721hyupuserodorisukurakatoa 140721adeyakamino
(ヒュプセロドーリス・ゼフィラ・ヒュプセロドーリス・クラカトア・アデヤカミノウミウシ)

特に狙ってないけどウミガメも安定して見れています。

お疲れ様でした。 ありがとうございました。

横浜のダイビングショップ ダイブカラーズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈島ツアー 4日目

海況 7/20(日) ポイント 八丈島(ナズマド・八 重根)  天候suncloud 気温 29℃ 水温26.3~26.7℃  透明度20~m

今日も1本目は八丈小島の絶景ポイント。ナズマドから・・ここは海況が良ければ3本、4本このポイントを潜る人も居るほど八丈島を代表する人気スポットなのだ。。

幸か不幸か今回の超穏やかなナズマドは癒し系ポイントと成りました。物足りなさも感じつつ・・・・。

140720kingyo 140720nazutonneru 140720tosamesu

現地ショップで、御蔵島からの迷イルカがある根頭でクリーニングして遭遇すれば目の前まで寄って来ると情報に期待も膨みましたが、残念!!

地形派は地形を、カメラ、生物派もイシガキフグ・アカハタ・イシガキダイ・コイボウミウシ・ブチススキベラ・カンムリベラ・ツブツブコイボウミウシ・キイロイボウミウシも見て穏やかな素敵な時間は早いものでした(^_-)-☆ 勿論、カメは何度見ても別腹で堪能です。。

140720isigakidai 140720isigakihugu 140720hamahue

このメンバーの最終ダイブは八重根です。ここまでカメ三昧でもう飽きたかと思いきや、やっぱりカメを発見すると猛ダッシュ()

ムロアジ・ハナミノカサゴ・クマノミ城もそれなりの迫力で楽しめるポイントです。が、カメの存在にやられっぱなしです

140720kame1 140720kame3 140720kame2

2ショット3ショットで思い出の1枚を撮ったり、カメが離れた寝床にハマってみたりして存分に遊んでエキジット後は「満足!!」の第一声\(^o^)

初の八丈島ツアーが良い時間で終えて頂けて安心しました。関東も梅雨明けです!シーズン中また御待ちしています。

140720yaeneati 140720yaenenite 140720konagsuri

 

有り難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈島ツアー3日目

海況 7/19(土) ポイント 八丈島(乙千代ヶ浜 右側・底土)  天候suncloud 気温 29℃ 水温26.3~26.4℃  透明度20~m

昨日、夕方の便で到着したyassyさんと古賀さんも合流して今日は乙千代が浜ENからスタート。

透明度の良い中層を悠然と泳ぐヒレナガカンパチ・カメ・をワイドに眺め、カンムリベラyg・シロタエイロウミウシ・ツユベラ・シロウミウシなどマクロ系も時間を掛けて観察。

140719ottyonite 140719tikeidive 140719hirenaga
(乙千代ヶ浜にて・右側トンネル・ヒレナガカンパチのアタック)

逸れる心配の無い分、かなりフリースタイルで楽しんでました(^^)y-.o○ 動きは全体的にゆっくりな八丈島の生物達?カメも並んで泳げて嬉しい時間を満喫でした♪♪

アーチの入り口にはハタンポ・スカシテンジクダイが群れてキラキラのシャワーのようで美しく彡 

140719oyabittyaegg 140719migimaki 140719ottyotonneru
(オヤビッチャの卵・その卵を食べるミギマキ・洞窟に群れるハタンポ)

オヤビッチャの卵がびっしり産み付けられて紫色に成った岩をユウゼン・タカノハダイ・スズメダイなどが群がって啄ばむ様子は、つい見続けてしまいます

他にはヤッコエイ・イセエビ・ヨスジフエダイ・オナガスズメダイets..

2本目の底土は海水浴の子供たちが防波堤ダイブを繰り返す側からのEN。

140719nanpakopea 140719yaeneen 140719sikoku
(ミナミハコフグの幼魚・ヤエネEN・シコクスズメダイの子供)

ここで遭ったカメは右足が欠損していました。もう何事も無く生き続けて欲しいものです。。。

キスジカンテンウミウシ・ゾウゲイロウミウシ・コンガスリウミウシ・ケサガケベラ・テングダイ・キホシスズメダイygなどなど70分オーバーでエアーもフルに使って満足ダイビングでした。

140719kisuiji 140719kamewithdive 140719sirotasuki
(キスジカンテンウミウシ・ウミガメとDIVE・シロタスキベラの子供)

皆さん興味の違いで見ている光景や生物も違って来ますが、その分エキジット後に話題が多くそちらも愉しい時間と成りました

今日で大森さんがツアー終了です。また近場の海も参加お待ちしてます(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈島ツアー二日目

海況 7/18(金) ポイント 八丈島(八重根・ナズマド)  天候suncloud 気温 29℃ 水温24.9~26.1℃  透明度20~m

現地集合ツアー2組目のゲストは、大森さんとrika

久しぶりのダイビングとなる大森さん・・・のんびり準備して、八重根にEN(^v^)

140718kanmuri 140718withkamw2  140718withkame

(カンムリベラの幼魚・ウミガメとダイビング)

ゆっくり進んで行く横をハマフエフキも付いて来たり、根の上、岩の隙間、見上げた先など数匹のカメも早速見れて・・・

アーチをくぐって、地形を楽しんだり60分オーバーのチェックダイブで肩慣らし。。。

140718hirenagahagi 140718yuzen 140718senaki

(ヒレナガハギ・ユウゼン・セナキルリスズメダイ)

2本目は海況穏やかな、ナズマドEN

140718namemon  140718zouge 140718okina

(ナメモンガラ・ゾウゲイロウミウシ・オキナヒメジ)

ここでは、八丈島の固有種ユウゼンを見る事が出来ました。普段潜って居るポイントでは、見る事が出来ないので、じっくり観察したり写真を撮ったりと

140718tengu 140718mnazumadonite 140718tosa

(テングダイ・ナズマドにて・トサヤッコ♂)

 

楽しみました。。。他にはトサヤッコ・ナメモンガラ・ここでもカメ登場! 明日はどのポイント潜りましょうか(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丈島ツアースタート

海況 7/17(木) ポイント 八丈島  天候cloudsun 気 温 30℃ 水温24.3~26.4℃  透明20m

1、八重根
2、乙千代ヶ浜 右側

今日は西山さんお二人を案内します。

ウミガメ見たいと事前に言われていたので、チェックダイブでもウミガメをすごい狙えるヤエネからのスタートで、のんびりダイビングの雰囲気を大事にしながら、早速くカメ狙いのコースに入って行きます。
140717yaenenite 140717kame 140717hatukame

予定通り休んでくれていたので、大小数匹のウミガメダイブを楽しんで頂きました。

まだ少し余裕があったので、さらに進んでアーチをくぐったり、クマノミ城を堪能してきました。
140717kumanojou_2 140717ottyotonneru_2 140717usi

チェックダイブながら贅沢なダイビングが出来てしまいます。

2本目は無理せずに、乙千代ヶ浜を選択しました。

地形もマクロも楽しめるので、トンネルを通ってユウゼンやレンテンヤッコを見たり、ウミウシ探しをしたり、ここでもウミガメを狙わなくても見れてしまうので、ラッキーです。
140717mondou 140717renten 140717yakko

帰り道にはヤッコエイが変な動きをしてると思い、近寄ってみたら交尾をしていました。

スアレスかと思うほどオスががっつり噛みついています。

夢中になっていたのか動画の方も撮らせて頂いたので是非ご覧下さい。

望んだ以上の海中で、とってもお楽しみ頂けたのて光栄でした。
お疲れさまでした。  また伊豆の方でもお待ちしております。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014八丈島ツアー スタート

海況 7/16(土) ポイント 八丈島  天候cloudsun 気温 30℃ 水温24.3~26.4℃  透明20~25m


1、乙千代ヶ浜 右側

2、八重根

3、ナズマド

4、底土

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海洋公園サンセットダイブ2014

海況 7/5(土) ポイント IOP  天候mistcloud 気温 24℃ 水温18~22℃  透明度7~13m

東伊豆の名所「海洋公園」サンセットダイブに行って来ました。

ケイスケさんは初ファンダイブなのに早速サンセットです。

日中に1ダイブして夕暮れに1ダイブという、普段とは違うゆったりとしたプランで、午前中は伊豆高原を観光してから、海へ行き昼からのんびり潜って、目的のサンセットに備えます。

1本目はブリマチ方面にネコザメの卵を探しに行きつつ、砂地を横断して1の根

140705aobudai 1407051none 140705nekozameegg


砂地ではイサキの成魚の群れにサカタザメが潜んでいました

1の根ではハナタツベニカエルアンコウなどが見れ、コブダイが横切ったり、アオブダイがクリーニングされていたりと、大小色んな魚が楽しめました。

天気が悪かったので、水面休息中しっかり体を温め直し、夕暮れを待ちます

日も傾き始める頃に合わせて徐々にサンセットダイバーが集まり始め、自分達も狙いの1.5番を目指し、ヤマドリなどの求愛や産卵行動を見に行って来ました


140705hanatatu 140705iopsunsetdive 140705beni

メスを求めて少しずつオスが姿を現し始めると、オス対オスの争いが始まったり、ロックしたメスに求愛を始めだします

求愛が上手くいかない事も多々あるので、揃って浮上→産卵までいかない個体もありますが、何個体か追っていくと、オス・メス揃って浮上していきます。

ある程度浮上すると素早く卵や精子をかけあって水底に戻ります

目の前でオス・メスのペアが寄り添って浮上していく様を見てると「おお~っ」って思うと思います。

140705sakata 140705yamadori 140705yamadori2


この一連の生態行動に興味がある方は、一度はサンセットダイブにエントリーして見て下さい。

また機会があればチャレンジしに行きたいと思います。

リクエストもお待ちしています。

午前中は伊豆で丘ツアーとして遊んでいました。
良ければこちらの「丘ブログ」の方もご覧下さい。

おつかれさまでした   ありがとうございました。



横浜駅発着のダイビングショップ  Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浮島ウミウシダイブ

海況 7/2(水) ポイント 浮島  天候cloudsun 気温 29℃ 水温18~22℃  透明度7~12m

今回はリエさんクミさんとウミウシor地形リクエストにより両方楽しめる浮島ビーチに行って来ました

現地ガイドさんにもご協力頂き、ウミウシを探しまくって来ました

普段は目に入らないウミウシも、このポイントだけは見方を変えてウミウシ探しダイブに没頭できます

140702misugai 140702dorgonholenite 140702bobusan
ミスガイ・ドラゴンホール内・ボブサンウミウシ

洞窟に入ったりトンネルをくぐったり、ウミウシ以外にもハコフグの幼魚カエルウオトビエイ・ヒラタエイにサカタザメなど色々見れたのですが、やっぱりここではウミウシに特化したダイビングになります。

140702hibotan 140702hiramiru 140702senhime
ヒボタン・ヒラミルミドリガイ・センテン
140702murasaki 140702kiiro 140702otome
ムラサキウミコチョウ・キイロ・オトメ
140702hutibeniiro 140702usuiro 140702kiiroumikotyou
フチベニイロ・ウスイロ・キイロウミコチョウ

などなどでした。

他にもまだまだ見れましたが、今回はこんなところです。

おつかれさまでした。  ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月最後はOWD海洋実習

海況 6/29(日) ポイント 城ケ島  天候cloudsun 気温 29℃ 水温21~21.5℃  透明度3~5m

久しぶりの城ケ島ビーチでユウスケさんのOWDライセンスの海洋実習をやって来ました。

透明度は良くないのですが、天気・海況と恵まれていたので、夏前の気持ちのいい海でした。

海中は浅場にクロシタナシウミウシが数多く発生しています。

140629koke 140629jougasima 140629niji

黒系で大きいウミウシなので人気はありませんが、他にもアオ・シロ・サラサなどの定番ウミウシが楽しめます。

砂地ではホウボウの子供ホタテウミヘビなどが見れました

アマモが伸びてくれば、タツも見やすい位置で見れそうな気がします。

140629kuroshitanasi 140629houbou 140629hotate

それでは海洋実習お疲れさまでした。  ありがとうございました。

横浜のダイビングスクール  Dive ColorS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »